新小平クリニック

小平市 新小平 内科 心理カウンセリング 皮膚科

  • トップページ
  • ご案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • サイトマップ

小平市 新小平近くの新小平クリニック 内科 皮膚科 漢方 心療内科

  • 診療案内
  • 内科
  • 消化器科
  • 心療内科
  • 皮膚科
  • 漢方内科
  • アレルギー科
  • 症状別
  • 頭痛
  • うつ
  • パニック
  • アトピー
  • 手荒れ
  • 花粉症
  • 糖尿病
  • 頻尿

診療案内

うつ

気分・感情の持続的な落ち込みと活動性の低下などを中心とする疾患で、脳の機能的異常が基礎にあると考えられています。
一方で、発症には様々な状況的な因子や本人の性格が影響しています。

(1)感情の障害:
気分の暗さが著しく(抑うつ感)楽しさが感じられません。自信が喪失したり、物事を悲観的に考え、ひどくなると絶望的な気分になってしまうこともあります。
また、過去のささいな失敗に罪責感を強くいだき自分の責任だと思い込んでしまったりします。
この状態から抜け出したくても抜け出せないというあせりをいだくこともあります。
(2)思考の障害:
考えが頭に浮かばず、物忘れをする感じになります。
また、自分の能力を過小評価したり、自分のことをつまらない人間だと思い込んだりします。
これは微小観念と言って一種の症状ですが、本人は本気でそう思いこんでしまいます。
(3)意欲の障害:
今まで普通にできていたことをするのにも、余分の努力がいるようになる、人との会話がおっくうになったり、口数が少なくなる、なんとか目の前の仕事をしなくてはと思うのだがどうしてもやる気がおきない、などの意欲の低下が認められます。
朝起きられなかったり、仕事に遅刻したりすることもあります。
(4)食欲低下、体重減少:
食欲がなく、何を食べてもおいしい感じがなくなります。
ひどくなると1回にわずかしか食事がとれなかったり、1日に2回とか1回しか食べられず、体重も減ってしまいます。
(5)不眠、 特に早朝覚醒:
寝つくのは比較的よいが、夜中や早朝に目が覚めてそれから眠れなくなります。
眠れない状態で過去を悔やんだり、将来を心配したり悶々とするようになります。
また眠りが浅く夢が多い感じもします。
(6)自律神経症状:
全身の疲労感、異和感、胃部不快感、頭重感、首筋や肩のこり、口渇、便秘などの自律神経症状が出ます。
このページの先頭へ