新小平クリニック

小平市 新小平 内科 心理カウンセリング 皮膚科

  • トップページ
  • ご案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • サイトマップ

小平市 新小平近くの新小平クリニック 内科 皮膚科 漢方 心療内科

  • 診療案内
  • 内科
  • 消化器科
  • 心療内科
  • 皮膚科
  • 漢方内科
  • アレルギー科
  • 症状別
  • 頭痛
  • うつ
  • パニック
  • アトピー
  • 手荒れ
  • 花粉症
  • 糖尿病
  • 頻尿

診療案内

漢方内科

成書にも書かれているように、漢方の基本は気・血・水にあります。
これに実証か虚証かを組み合わせて治療していきます。
大切なことは見た目の症状も大事ですが、それ以上に患者さんの全身状態を改善していくことです。
患者さんの気を高めて自然治癒力を引き出していくことができれば素晴らしいですね。
切れ味のいい西洋薬はもちろん日常診療では欠かせません。
しかしじわっと心と体に沁み入るように効いてくる漢方薬も捨てがたいです。
一度漢方薬にはまってしまうと次回も漢方でお願いしますという患者さんが増えています。

「漢方治療」では、“どうすれば元の健康な状態に戻るのか”を基本概念として、病状を分類してからお一人おひとりに適した治療にあたります。

漢方内科
漢方薬と民間薬

漢方薬と民間薬は間違いやすく、混同して使われます。
下利にゲンノショウコ、便秘にセンナ、皮膚病にドクダミ、イボにハトムギなどは民間薬と呼ばれ、ひとつの薬草に対し、一つの病気が対応しています。
これに対し、漢方薬は、いくつかの薬草で構成され、様々な病気に応用されます。
たとえば、葛根湯は、葛根、麻黄,桂枝、芍薬、大棗、生姜、甘草の7種の薬草で構成され、応用される病気は、感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ炎)、肩こり、神経痛、蕁麻疹、等々です。
漢方薬と民間薬の根本的相違は、漢方薬には診断・治療体系が確立していますが、民間薬にはそのような体系はない、というところにあります。
具体的には、下表のようになります。

漢方薬 民間薬
薬草 2種類以上 1種類
適応と禁忌 ある ない
応用疾患 多数 1種類
使い方 漢方の基準に従う 基準はない
効果 概ねよく効く 効くことも効かないことも
漢方内科Q&A
どんな病気に漢方薬がよいのですか?
漢方薬は慢性病や体質改善のために飲まれている方が多いようです。特に、難病といわれるような病気で治療の決め手がなく、長く薬を飲み続けなければならいないときには、体に無理をさせず、副作用の少ない漢方薬が適していると思われます。ご病気をされている当人、そのご家族の気持ちが良く分かります。
雑誌やTVの宣伝で見かけた漢方薬がほしいのですが・・・?
漢方薬は、薬局で普通に売られている薬と違って、専門の知識によって使う薬です。漢方独特の専門知識によって使用するもので、漢方薬が飲みたいときには、その専門知識をもっている薬剤師、登録販売者に良く相談してから決めなくてはなりません。ですから、宣伝に左右されるのではなく、学識経験の豊かな専門家に相談してお決めになられることをおすすめします。
煎じ薬は飲みづらいので、エキス剤にしてもらえますか?
漢方薬には、丸薬や粉末状のものもあります。その他、エキス剤といって煎じなくてもそのまま飲めるものがあります。最近では、このエキス剤を中心に、丸薬や粉末を合わせる方法が主流です。エキス剤なら、お湯に溶くだけで煎じ薬のように飲むこともでき、大変好評です
漢方薬は長く飲まないと効果が分からないと聞きますが・・・?
そうとばかりは言えませんが、確実に「証(症状から見る体質のタイプ)」にあった処方を服用することが大切です。急性症状であっても簡単に考えず、専門家に相談することをおすすめします。
このページの先頭へ