新小平クリニック

小平市 新小平 内科 心理カウンセリング 皮膚科

  • トップページ
  • ご案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • サイトマップ

小平市 新小平近くの新小平クリニック 内科 皮膚科 漢方 心療内科

  • 診療案内
  • 内科
  • 消化器科
  • 心療内科
  • 皮膚科
  • 漢方内科
  • アレルギー科
  • 症状別
  • 頭痛
  • うつ
  • パニック
  • アトピー
  • 手荒れ
  • 花粉症
  • 糖尿病
  • 頻尿

診療案内

内科

高脂血症

高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が、正常値を超えて高くなった状態が続く病気です。
脂質は、細胞やホルモンの材料になったり、エネルギーを蓄えるなど、身体を作るうえで大切なものなのですが、増えすぎると身体に悪影響を及ぼします。
高脂血症の症状自体は、痛みやかゆみなどを自覚できる症状がなく、治療をする必要性を感じにくいために放置されがちですが、血中のコレステロールや中性脂肪が多すぎると「動脈硬化」を引き起こしてしまいます。
そのまま放置すると、やがては「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの危険な病気にかかりやすくなり、最悪の場合には「突然死」にもつながります。
高脂血症には、悪玉コレステロール(LDL)が増えた血中の状態、善玉コレステロール(HDL)が減った血中の状態、中性脂肪(トリグリセリド)が増えた血中の状態を指します。

日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患診療ガイドライン」2002年版より
高脂血症の診断基準 血液検査内容
高コレステロール血症 総コレステロール値が高い(220mg/dL以上)
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロールが高い(140mg/dL以上)
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロールが低い(40mg/dL未満)
高トコグリセリド血症 トリグリセリドが高い(150mg/dL以上)
【高脂血症の原因】

高脂血症は悪玉コレステロール(LDL)が増えた血中の状態、善玉コレステロール(HDL)が減った血中の状態、中性脂肪(トリグリセリド)が増えた血中の状態を指しますが、悪玉コレステロールが増える環境というのは、高コレステロールな食事を摂取したり、精神的ストレスが高い状態であったり、過労の場合も増えてしまいます。

善玉コレステロールが減る環境というのは運動不足や喫煙で、中性脂肪が増える環境は食事でエネルギーを摂りすぎると余ったエネルギーが中性脂肪(トリグリセリドとなって体内に蓄積されてしまいます。
特に、中性脂肪の高い人には、内蔵のまわりに脂肪がたまる内臓脂肪型肥満が多くみられ、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の発症、進展に大きく影響するといわれています。

高血圧や高脂血症から動脈硬化症 脳梗塞・心筋梗塞へならないために

ストレスが多いと血圧があがり、血圧が高いことで血管が傷みやすい状態になり、ビタミンCやEが破壊されて善玉コレステロールが減ることにより、悪玉コレステロールが増加し(善玉コレステロールは増えすぎた悪玉コレステロールを除去する働きもあるのです)、血管が傷んだところに悪玉コレステロールや中性脂肪が沈澱、付着して、石灰化し、血液の流れを細くして、悪化すると血管を詰まらせてしまいます。

詰まるとその血管から先が血液が通らないことにより壊死してしまいます。

脳の血管ならば脳梗塞、心臓の血管ならば心筋梗塞を起こすのです。

ストレスが多い社会ですが、毎日、少しずつ、ストレスを減らすこと大切です。

減らせないストレスであれば、ストレスを発散できるような趣味や、一時的にもそのストレスから離れられる方法を探すとよいでしょう。
(ストレス発散するために、自分自身の身体に負担がかかることは避けたものが良いと思います)

このページの先頭へ