新小平クリニック

小平市 新小平 内科 心理カウンセリング 皮膚科

  • トップページ
  • ご案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • サイトマップ

小平市 新小平近くの新小平クリニック 内科 皮膚科 漢方 心療内科

  • 診療案内
  • 内科
  • 消化器科
  • 心療内科
  • 皮膚科
  • 漢方内科
  • アレルギー科
  • 症状別
  • 頭痛
  • うつ
  • パニック
  • アトピー
  • 手荒れ
  • 花粉症
  • 糖尿病
  • 頻尿

診療案内

花粉症

花粉=抗原と闘うために「抗体」が作られるのです

人間の体は、外から自分のからだと違うものが(抗原)が入ってくると、それに対抗する物質(抗体)を作って自分の体を守ろうとします。
これを抗原抗体反応と言いますが、花粉症の場合は花粉という抗原に対して、体は「IgE抗体」という抗体を作って反応します。
このIgE抗体は、肥満細胞という細胞の表面に付着します。
IgE抗体が付着した肥満細胞は花粉を吸い込むたびに体内に蓄積されていきます。
それがある一定量になると、再び花粉を吸い込んだときにこの肥満細胞がはじけ、細胞内にあるアレルギーを起こす化学物質が放出されるのです。
それにより鼻粘膜が刺激されてくしゃみ、鼻水が出たり、鼻がつまることでこれ以上花粉が体の中に入れないようにするのです。
これら全て花粉から体を守る防御反応なのです。

花粉症Q&A
花粉症とアレルギー性鼻炎はどう違うのですか?
花粉症とは、鼻の症状とは限らず、結膜炎であったり、皮膚の湿疹のこともあります。アレルギー性鼻炎は、原因が花粉だけではなく、ダニやハウスダストのこともあります。
花粉症になぜかかるのですか?
残念ながら、はっきりとは解明されていません。
排気ガスなどの環境汚染、ストレスなどがアレルギーの出る要因として挙げられており、また、遺伝的な素因も加わり、それらが複雑に絡まって発症に至る、という程度までわかっています。
花粉症の予防対策について教えてください。
ご自分でできることとしては、花粉を避けることが非常に大切です。
マスクなどで花粉が身体にはいるのを防ぐことと家の中に入らないような工夫も必要です。
医療機関では、早めの内服薬開始や鼻粘膜焼灼術が最近、普及してきています。
花粉症の治療にはどのようなものがありますか?
一般的には、内服薬と点鼻液ですが、耳鼻科では様々な薬を使った吸入療法も行われています。
他には減感作療法というやや特殊な治療法や手術などがあります。
このページの先頭へ