新小平クリニック

小平市 新小平 内科 心理カウンセリング 皮膚科

  • トップページ
  • ご案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
  • サイトマップ

小平市 新小平近くの新小平クリニック 内科 皮膚科 漢方 心療内科

  • 診療案内
  • 内科
  • 消化器科
  • 心療内科
  • 皮膚科
  • 漢方内科
  • アレルギー科
  • 症状別
  • 頭痛
  • うつ
  • パニック
  • アトピー
  • 手荒れ
  • 花粉症
  • 糖尿病
  • 頻尿

新小平クリニックTOP > 診療案内 > 心療内科 うつ病

診療案内

心療内科

現代社会は不規則で移り変わりが激しく、ストレス社会といわれ多くの人がストレスや疲労感を感じていると思われます。
過剰なストレスが働いても、それをはね返すだけの防御力があれば大きな問題を生じることはありませんが、抵抗力が弱まっていたりすると神経系、内分泌系、免疫系のバランスが崩れ、不眠、不安、抑うつ、イライラ、頭痛、肩こり、倦怠感肌荒れなど精神的にも身体的にも様々な症状が出現します。
心療内科の領域では漢方治療が大きな効果をあげることがあります。
当院では詳細な問診と漢方医学的診察、診断に基づいて漢方薬を処方することがあります。
正しい漢方医学的診断のもとに処方された場合、漢方薬は威力を発揮します。

うつ病

主な症状

職場や家庭でのストレスから、憂うつ、やる気が出ないなどの心の症状が出たり、疲労感、頭痛、腰痛、肩こり、胃もたれ、胃痛、眠れない、便秘、下痢など、身体の不調が出てきたりします。
中には結婚や昇進などのイベントをきっかけとして発症することもあります。
うつ病は2020年には人類に重荷を与える疾患の第2位になると予想されており、早急な対策が必要な疾患です。

治療方法

多くの場合「誰にも相談できない」と悩みを一人で抱え込んでしまいます。
そのため、治療はまず話をじっくり聞く事からはじまります。自分のストレスを話すと気持ちが楽になります。
また、睡眠が取れるようになるだけで改善する方も多く、副作用の少ないSSRI(選択性セロトニン再取り込み阻害剤)や睡眠導入剤等の薬物治療を行うこともあります。
早期発見、早期治療により治療期間が短くなることも証明されています。

このページの先頭へ

不眠症

主な症状

不眠は仕事や人間関係のストレスのなかで、もっとも起こりやすい症状のひとつです。
不眠には、なかなか寝付けない入眠障害、何度も目が覚めてしまう熟眠障害、明け方に目が覚めてしまう早朝覚醒などがあります。
特に早朝覚醒のある方は、うつ病の初期症状の可能性があるので注意が必要です。

治療方法

日中のストレスが夜にまで影響していることが多く、生活習慣や睡眠環境の改善に加えて日中のストレス改善も重要です。
現在安全で依存性も少ないベンゾジアゼピン系の睡眠剤による治療を行っています。
入眠障害・熟眠障害・早朝覚醒などの症状によって睡眠剤を使い分けます。
睡眠のリズムが整ってくれば、薬も中止していくことができます。
軽症の睡眠障害ではプラセンタ(胎盤エキス)により症状が改善することもあります。

このページの先頭へ

睡眠時無呼吸症候群

主な症状

イビキをかく、日中眠い、居眠り運転しそうになる、夜中に目が覚める、起床時に頭痛、だるさがある。
このような症状がある場合、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。
SASは睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。
日本では人口の約3~4%、約200万人がSASといわれ、日中の眠気などのために仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な影響を引き起こします。
また、放っておくと高血圧や心臓循環障害、脳循環障害、性機能障害などに陥り、
一般の人より寿命が短くなることが指摘されています。

このページの先頭へ

社会不安障害(あがり症)

主な症状

人前で話す時などに、必要以上に緊張して声が震える、言葉が出ない、顔が赤くなる、汗をかく、動悸がする、どもる、お腹に不快感がでる、トイレに行きたくなる、などの症状が出現します。
このような症状がひどくなると通勤や通学が出来なくなり、日常生活に大きな支障をきたすようになります。

このページの先頭へ